FC2ブログ

通知書

通知書

この管理建築士資格取得講習(みなし講習)の修了率は99.48%だそうです。
やる意味があるのかと思ってしまいます。0.52%という数字は、受講番号を間違えたか、名前の記入を忘れたなどという人を除くと、ほとんど「0%」に近い数字だと思います。
1時間もかけて、途中退席も認めない考査としては、いかがなものでしょうか?

久しぶりに、日に2つ目の記事を書いてみました。
スポンサーサイト



2008-10-31 : 仕事のこと : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

明日から


少し寒くなってきました。

明日から11月です。
残り2ヶ月になりました。今年の目標には程遠いですが、何とか目標に近付けるようにしたいです。
今日は、たまってきた図面を書くために、まだ現場を見に行っていません。
日曜日の打合せのための図面はできましたが、来週に打合せに行かなければいけない現場の図面が途中です。
思っているところまで書けたら、現場廻りに行きたいと思います。
おかげさまで、させていただくことが多いです。

あまり書きたくはありませんが、11/28から建築士法が改正されます。
まだ細かい内容が決まっていません。ふざけています。
去年の建築基準法改正の時ほどではないにしても、多少の混乱があるでしょう。
法令を守って真面目にやろうとすると、業務が増えるばかりです。
ハウスメーカーなどの確認申請業務は、営業マンと打合せをして、外部の設計事務所に代願業務として発注されることが多いと思います。
こんな場合は、どうするのでしょうか?建築士の資格を持たない営業マンが決めたことを、どのように扱うのでしょうか?パブコメや質問を国交省に投げかけていますが、当然のように返事や反応はありません。
ケンプラッツに
「建築主に報酬の考え方を説明できる機会」、重要事項説明の義務化で国交省
という記事があります。
この記事の読者コメントに
重要事項説明時に「設計打ち合わせにつきましては、当社にご相談になる前に、無資格の営業マンと済ませてしまっているため、当社の業務は確認申請の代行業務のみとなります」「監理につきましては、書面での報告を受けるものとし、実地検査は行ないません。また、書類に虚偽の事実が書かれていた場合には一切の責を負いません」と伝えれば良いのでは? 市川市の超高層ビルを監理していた超大手事務所は「実地監理は契約にない」で罰則を免れたようですから・・・。

というコメントがありました。こんなことになってもいいのでしょうか?
2008-10-31 : いろいろ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ネタはありますが・・・


朝は、少し寒く感じました。

書くネタはありますが、しばらく更新していませんでした。
いつもはイライラしたら書くのですが、イライラが限度に達すると書けなくなることがわかりました。
今朝も京都の現場を測ってから、現場~図面~打合せ・・・などをして、ようやく今朝測った資料を元に、図面を書ける状態になりました。
ありがたいことです。
サッカーも、いよいよ天皇杯です。来年の元旦は国立競技場で過ごせるようになればいいなと思っています。
2008-10-29 : いろいろ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

シート


亀岡祭りの宵山ですが、天気が心配です。

順番にシートをかけさせていただきました。

シート

住宅地の中にありますが、結構目立つ部分にあります。


シート

こちらは国道9号線から見えてしまいます。

今日は5:30出発で、京都の現場の調査に行ってきました。
現場廻りをして帰ってきましたが、そろそろ眠くなるかもしれません(笑)
なお、目撃情報は不要です(^^;)
2008-10-24 : 仕事のこと : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

業務報酬基準改定案について(パブリックコメント)

とりあえず、送りました。
11/19まで、まだ時間があるので、また詳しく書いて送ろうと思います。

意見

ようやく発表されたようですが、遅すぎます。
内容に関してですが、私は主に戸建て住宅の設計をしているので、こちらを中心にコメントします。
全体を読んだ感想ですが、非常にわかりにくくなっています。
別表第15のその他の戸建て住宅だけを見ても
床面積100?の場合で
設計に270人・時間
工事監理等で120人・時間の合計390人・時間かかるとなっています。
単純に時給を掛けると、結構な数字になるのですが、どこまでの図書を作成して、どこまでの監理をしての数字なのか、根拠がわかりません。
これで発注される方の理解を得ろと言う方が無理です。
これまでの告示の方が、理解していただきやすいと感じます。
または、国交省で「姉歯事件の教訓で【建築物の安全性確保のため】、善良な設計・監理に必要な費用は標準的な100?程度の戸建て住宅で○○円程度です。」などと発表してくれた方が楽です。
390人・時間かかるという根拠がわかるようにしてください。
作成する図書の種類や監理の内容もわからないことには、理解してもらえません。
そんなことも考えずに発表されたのでしょうか?
サンプル抽出した建築士事務所の業務実態調査の結果等を踏まえたそうですが、それならば、数字の根拠を示してください。
根拠を示した上で、標準日当を掛けて
100?の住宅で標準的な設計監理費用  円
150?                円
200?                円
300?                円 と発表してください。
なぜ、そこまでできないのですか?
そこまでしないと、改定する意味はありません。
発注者に理解してもらえるような、根拠のある内容にしてください。
また、定期的な見直しとは、どのぐらいスパンでかんがえているのかも明記してください。
内容が伴っていないのに、とりあえずやりましたでは、混乱するだけです。
法令は守るべきものなら(誰もが納得している内容で)守らせるような体制にしてください。
それが、国交省の責任ではありませんか?


とりあえず、送った内容です。
もっと書きたいことはありますが、後日にします。

さて、落ち着いて図面を書きます。
2008-10-23 : 仕事のこと : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

パブコメ


雨は止みました。

またしても、パブリックコメントが出ました。
ざっと印刷して読みました。
わかりにく~という印象です。
本当にわかりにくいので、思いっきりコメントをしておきます。
別表第15のその他の戸建て住宅だけを見ても
床面積100?の場合で
設計に270人・時間
工事監理等で120人・時間の合計390人・時間かかるとなっています。
単純に時給を掛けると、ありがたい数字になるのですが、どこまでの図書を作成して、どこまでの監理をしての数字なのか、根拠がわかりません。
これで発注される方の理解を得ろと言う方が無理です。
前の告示の方が、理解していただきやすいと感じます。
そうか、国交省で「姉歯事件の教訓で、善良な設計・監理に必要な費用は標準的な100?程度の戸建て住宅で○○円程度です。」などと発表してくれた方が楽です。
ケンプラッツの建築・住宅内の「読者の声」に

この告示を守らない施主・元請け・設計者に対し訴訟を起こした時、勝訴できる可能性を弁護士と相談中です。全ての法令を守れ、と言う国交省の見解ですから、このような事案があった時に、直ちに対応しようと考えています。


という意見があったり、

本当にこれでいければ良いのですが、こんなにくれない。値引きされるでしょう。


とか、

工事費ベースで算定することが、ナンセンスだとは考えないのだろうか? 賃金・時間は個々の事務所によって異なる・・・などと言えばこんな告示は何の意味もない。ますますダンピングの勢いは止まらず、設計契約を締結できなくて、右往左往する事務所も出てくるのではないだろうか。基準法、士法の改正(改悪)の前に資格のない人間がコンサルタントとして営業することが違法だとしなければ、何か事が起こった時に建築士という資格がスケープゴートになる可能性は全く解決されない。ただ、そんなことをすれば天下りや、口利きを生業としている方々はお困りになるんでしょうね。性悪説に基づいているのだから致し方ないのかも? 性善説で語らなくてもいいので、普通に扱ってもらえないだろうか。で、国交省認定の構造計算プログラムってどうなってるのでしょうか?


などなど、コメントが多いです。
前から言い続けていますが、実態がわかっていない役人に何ができるのでしょうか?
元々は8月中に、この変更案を出す予定が、士法改正まで1ヶ月ほどになった今です。

することは多いのですが、あとでパブコメしておきます。
2008-10-23 : 仕事のこと : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ネタはありますが・・・


天気予報よりも早く降り出しました。

書くネタはあるのですが、あまり書く気になれません。
原因は、皆様ご存じの通りです

今日は、朝から右京保健所に協議に行きました。
明後日の朝は、またまた5:30から京都に行くことになりました。
現場調査~図面~保健所と協議の連続です。さらに図面がまとまってきたら、消防署との協議が待っています。
先は長いです・・・。
帰ってきてから現場廻りをして、図面を書いています。
去年の改正後、私の事務所としては初めての木造3階建の建物を計画しています。
そのために、いろいろと調査したり本を読んだりもしています。
やることが増えて大変そうです。
25日からは、耐震診断のための調査に行きます。
分身の術が使えたらいいのに・・・と思ってしまいます

あまり内容はありませんが、イライラしてきたので、とりあえず書いてみました。
2008-10-22 : いろいろ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3年


いい天気です。

平成17年10月19日から3年経ちました。
すずき一級建築士事務所の登録から3年です。
自分でやろうと思ったときに、3年経って仕事がなかったら次を考えないといけないとも思っていました。
おかげさまで、今のところ続けられそうです。
それもこれも、後ろ盾も何もない私に仕事をさせてくださった皆様のおかげです。
ありがとうございます。
あと30年ほどは続けたいと思っています。
今後とも、宜しくお願い致します。

今日は、氏神様の秋祭りです。
恒例の七輪の会です。
2008-10-19 : 仕事のこと : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

できた~


いい天気でした。

今日は5:30から京都へ行きました。
明日も同じ時間に出発です。これからしばらく、現場と保健所に通うことが増えそうです。

ペーパークラフト 3階建て

初めて、3階建てのペーパークラフトを作成してみました。
外観だけなら簡単ですが、すべてのフロアを見てもらえるようにするために、一部の外壁を水平方向に切断しています。
この建物は分譲住宅なので、内部の画像も載せます。

ペーパークラフト

1階に洗面・浴室・便所と納戸
2階はLDK
3階に洋室×2部屋 になる予定です。
停車しているのはジムニーですが、もちろん、普通車が駐車できます。
亀岡市内に建築されます。
2008-10-15 : ペーパークラフト : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

人にやさしいまちづくり出前講座


よく降ります。

今日はタイトルの「人にやさしいまちづくり出前講座」に建築士会南丹支部の一員として参加してきました。
亀岡市内の小学校で開催されたのですが、この出前講座は、小学生に車いす体験をしてもらったりする講座です。出前なので、小学校の体育館で行われました。
・段差の体験
・スロープの体験
・エレベーターのかごを想定した体験
の3つのコーナーを体験してもらいます。
私はスロープコーナーの担当でした。
詳しくは、またの機会に書きます。

終了後、片付けができずに他の参加者の方にご迷惑をおかけしました。
というのも、講座終了後に現場に戻って中間検査を受けなければいけなかったので、お先に失礼させていただきました。
で、中間検査は、もちろん合格でした。
明日、土木事務所に合格証を受け取りに行きます。

他にも書きたいことはあるのですが、何分元気がありません。
完全復活には、ほど遠い感じです。
前祝いをやりすぎた・・・(ーー;)
2008-10-14 : 仕事のこと : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

ニュース

気分転換に!

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

プロフィール

すずき一級建築士事務所

Author:すずき一級建築士事務所

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

すずき一級建築士事務所

すずき一級建築士事務所も京都サンガF.C.を応援しています。